• 伊藤ハイジ

過去作品探訪~サンリオクエスト1・2~

今回ご紹介するのは「サンリオクエスト」「サンリオクエスト2」です。

データを見る限り制作時期は2004年の1月と2月のようです。

クエストとかついてますがほとんど一発ゲームのようなもので、それぞれ10分以内に終わるビジュアル重視のクソゲーです。


◆サンリオクエスト1

いきなりこのタイトル画面。一体何を考えていたのだろうか。

完全に出オチである。


どう見てもカッパ。

サンリオにぶん殴られそうな画面だ。

短いマップで仲間を増やしてボス戦へ臨む。当時のラウンジのツクゲーらしい単純な展開。


ボス。うーん、大味!

しかし当時のツクスレはいろんな作品が生まれていたので、こういうサッとできるゲームが主流だったのだろう。多分。



◆サンリオクエスト2


こっちは1よりもさらにテキトー。




一応前作から話は続いており、主人公たちは戦争犯罪人として捕らえられることとなった。

なぜか1も2もけろっぴの戦闘アニメが自作?(元はクロノトリガーのカエル)かどっかからパクッてきたかどうかは知らないが一発ゲーの癖にやたらと力が入っている。

ちなみにフィールドとかもなく、戦闘も4回ぐらいしかない。


もうめちゃくちゃである。

しかし片手間に作るゲームなどこんなものだろう…

みんな、クソゲーがプレイできればよかったのだから。


時系列を確かめてみるとドキクエ1が2004年の6月だから、それより前に作ったゲームということになる。こういうクソゲーを作って経験値(?)を高めていったのだろう。


162回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示